ApoE4キャリア アルツハイマー母の介護奮闘記+要支援父もいるよん 

アルツハイマー母と失禁父の介護に奮闘しているアラフィフ娘の日記です。ココナッツオイルやらMCTオイルやらリコード法やら取り組んでます。

【介護日記】80歳 母 リコード法実施すべき? 人生は、たくさんの選択でてきている by なんかのCM

今日は花の金曜日🌸 (死後っ)

 

でも 雨

 

ちょっと気持ち下がり気味。。

 

午前中、母の内科の先生のところに出向きました。

 

目的は、5つ

 

  1. 高血圧で処方してもらっている薬がきれるから新たに処方してもらう

  2. 暖かくなって 母の血圧も平均、120台になっているので降圧剤のお薬を弱めてもらえないか相談
    (リコード法では、降圧剤の摂取はよくないとされています。)
     
  3. 白内障の手術を受けるため、血液検査をするように 眼科の先生にもらった依頼状を渡すため。
     
  4. 先日 外科で出された血液検査の結果の値で、内科的にきになるところを確かめたい。

      CKの高値 肝臓のLDの高値 アミラーゼの高値
     
  5. ネットで調べたところ、CKの高値とLDの高値は、甲状腺機能低下のおそれがあるとの事で、あわよくばリコード法で必要とされている検査の甲状腺機能低価の検査を頼んでみよう

 

 f:id:penpenyama:20180406204856j:plain

 

 

結果

 

1.はもちろん いつもの事なので、すんなりクリア

 

2.も 病院で測った時も最高血圧が120代だったのでクリア

 

3.なんか、C型肝炎なども含めて、いくつかの血液検査結果が欲しいとの依頼だったみたいで、 先生はあまり気のりではなさそうでしたが、「こんな検査したことないので、しときましょーかー」とクリア

 

4.うー これは なんか 説教されてしまった。 トホホホホ


まず、アミラーゼ値について
今年の1月に一度アミラーゼについては先生に検査してもらっていて、膵臓から出るアミラーゼはそんなに多くないので唾液からでてるアミラーゼなので一安心。みたいな事を言われていました。

 

「なら、唾液からのアミラーゼが多く分泌されるのは問題ないの?」

 

あらためて疑問におもったので尋ねてみたら

 

先生「唾液の分泌する機能が低下してるのかもしれない、そもそも外科の先生が摂った検査値をこっちにもってこれても困る」

 

私「でも、外科の先生には、「この値は専門外なので」 とかなんとか言われました。」


先生「基準値ってものは、若い人を対象にしたもので、年をとってくると 色々衰えるてくるので、基準値を超えてもしかたがない 不安をあおるので、本来外科の先生は、こんな検査をすべきでない」

 

私「。。。。。。」


3.の白内障の手術の前検査用に血液検査をするので、結局ついでにもう一度アミラーゼの検査もしてもらえる事になりましたが。。
アミラーゼは、ただ疑問をはらしたかっただけなのですが。。 まぁ いいや

 

 

CKの高値とLDの高値について


私「 外科の先生は、この程度のCK値は、お年寄りだったら問題視する事はないって言われたのですが、ネットで調べたら甲状腺機能低下のおそれがあると書かれてました。どうなんでしょう?」

 

先生「CKとLDは、確かに甲状腺の機能が低下してきたら高値になります。でもその時は、コレステロール値も高くなります。

 

私「母のコレステロール値も基準値をこえてますが、これぐらいだと大丈夫なのでしょうか?」

 

先生「さっきもいったように 年を取ってきたら甲状腺の機能も低下してくるかもしれません。でも通常それをいちいち検査しません。検査するにもお金がかかります。国が9割を負担するのです。で私は、●●XX の理由で血液検査をお願いしますと依頼しなくてはいけないのです」

 

私「はぁー」

 

先生「今回は、眼科に頼まれて血液検査もするのでついでにしておきましょうか」

 

私「はい、お願いします。」

 

すんなり OK出してくれたらいいのに。
まぁ ここですんなりOKだしたら 調子にのりますからね 私!

それにしても こうゆうのって疲れる。。

 

先生のおっしゃられる事もわかります。母は、80歳なので色々がたがきてあたりまえ。若い人のような健康体にするのは無理。

でも心配におもう事はクリアにしたいのです。 (この機会にリコード法の検査もしたいってのもありしたが。。今回は。)

 

母は、すごーく 居心地悪そうでした。

 

母は、認知症を患う前は、こういう先生になんでもガンガン聞いていく私の行動が嫌いでした。
ほんと大人しく人目を気にする日本人的な性格の人ですから。。

でも 認知症を患ってからは ちょっとそこらへんの羞恥心とかは、かなり減ったようです。


で この一連のやり取りで、

 

80歳の母にリコード法を実施するのは無理があるのかもー 

 

とおもってしまいました。


80こえたら そりゃ甲状腺の機能も低下してくるよなぁ(それでも検査してないだけで、母より私のほうが甲状腺の機能低下してそうだし、私の方が寒がりで低体温、コレステロール値も高いのだ。。)

 

甲状腺機能低下は、アルツハイマー発症の大きな要因の一つなんですが、80歳の母が甲状腺機能低下や他の老化現象からアルツハイマーを発症しているのなら、アルツハイマーも老化とうけとめるべき??


無駄な抵抗はしないほうがいいかも。。

 

 

このままほっといた時の母の3年後、まったく想像できない。

 

リコード法を試して効果があった時の3年後 もし今の状態をキープできたら いいんじゃない うん いいいい

いや もう少しだけでも改善して リコード法を自分で実施できるようにならないと 私は一生母の面倒をみなくちゃいけない(それは、旦那をずーっとほったらかしということ)

 

とにかく、1年は、もがいてみよう そう決めたじゃん

 

 

なんて 具合にぐちくち考えてしまいました。

リコード法を今の日本で実行するってこんな感じ。。
いつでも悩んで、それで選択して、そしてこの選択で良かったのか悩んでしまう。。

 

f:id:penpenyama:20180406210345j:plain

 

 

 

私の好きな ドラマのセリフがございます。

 

 

娘「私、大人になったといい気になってた。私が決める事っていつも間違ってる。いつもちぐはぐな事をしてしまう。。」

 

父「大人になるって事は、正しい選択をする事ではないんだよ ハニー。自分が決めた事に責任をもてることなんだよ。。」

 

何が正解ってないんだな。 向き合う事が大切なんですよね!!
これからも、悩んで 選択して、また悩んで改善して。。いこうっと