ApoE4キャリア アルツハイマー母の介護奮闘記+要支援父もいるよん 

アルツハイマー母と失禁父の介護に奮闘しているアラフィフ娘の日記です。ココナッツオイルやらMCTオイルやらリコード法やら取り組んでます。

【介護日記】母の十数年振りの遠出と涙

10数年ぶりの遠出

f:id:penpenyama:20180417191630j:plain

先日の日曜日は、祖母(母の母)の1周忌でした。

祖母のお寺は、大阪市内にあり、私の両親は、大阪府北摂に住んでいます。

去年の11月、父が車で事故って車の運転をやめるまで、いつも父の車で祖母の病院や亡くなってからはお寺に通っていました。

 

母は、認知症とは関係なく、もともとうつ病ぎみなところがあり、人込みにでるとしんどくなると言って、電車で遠出ができません。

 

なので、父が車の運転をやめてからは、祖母の法事にも参加しなくなりました。
でも、一周忌はやっぱり出席しないと気がすまなかったみたいで、
父が入院中なので私と、私の主人と3人で、電車ででかける事にしました。

 

はてさて、10数年ぶりの人のたくさん乗っている電車。
心配だったのですが、母はなんか平気そうです。。

 

地下鉄の乗り換えは、??
けっこう乗り継ぎで歩きましたが、普段 かなり歩かしているのでこれもへいきそうでした。

最寄りの駅に無事つきました。後は、タクシーなので問題ありません。

やったー ここまでこれた!!

なんか、大げさですよね!
でも 私の母にとっては大きな一歩なのです。 電車で遠出できるって事は、
これで、いろんなところに連れて行ってあげる事ができるようになるかもしれません。
今度は、ネコカフェに連れて行ってあげたいな。

母の涙

 

1時間程で、お寺での一周忌の供養は終わりました。その後、近くのお店で、お食事会です。
親族でお食事したり、おしゃべりしたり、みんなで写真を撮ったりして会は終わりました。
帰ろうとして、母が席を立つとき、母の弟が母のところにきて「今日はがんばってよくきてくれたね」と声をかけてくれました。 そしたら母が急に泣き出したんです。 びっくりしました。
すぐ泣きやみましたけど。。涙もあまりでてなかったかな。。 そんな事はどうでもいいか


私や、父の前では こんな感じで泣いたことがありません。 

きっと母は、今の自分、腰が曲がってちょっと歩いただけで腰が痛くなる自分、認知症でなんでも忘れて、何をするにも娘に注意される自分が不甲斐なく、悔しいのでしょう。

でも 私は、娘だから 母としてどこかしっかりしとかなくてはという気持ちがあるんだとおもいます。だから簡単には泣けないのでしょう。 そんなところに弟がやさしい言葉をかけてくれたから、おもわず詰め込んでいた気持ちがふわっとでてきて泣いちゃった。


認知症になるとどんな気持ちで毎日を過ごすのだろう。

 

何回言っても牛乳を準備しちゃったり、飲みもしないのに急須にお湯をそそいじゃったりすると ついきつく注意してしまうことがあるんですけど、ほんと 本人にとっては、以前注意された事はまったく覚えてないのだからどうしようもないですよね。 もうちょっと母をいたわってあげなくてはとおもいました。

 

 終わり