ApoE4キャリア アルツハイマー母の介護奮闘記+要支援父もいるよん 

アルツハイマー母と失禁父の介護に奮闘しているアラフィフ娘の日記です。ココナッツオイルやらMCTオイルやらリコード法やら取り組んでます。

【介護日記:リコード法】遠隔リコード法

今日の関西は、なんとも気持ちの良い一日でした。

f:id:penpenyama:20180420232640j:plain

これは、近所の近くの公園の藤棚の写真です。
以前 こちらの記事で書いたよぼよぼのおじいちゃまが見たかった藤棚の藤です。おじいちゃまに教えてあげたい。 藤が咲いてるよーって

 

さて、今日は、3週間ぶりに神戸の家に帰ってきました。

私の家族構成は、ここです。

父が入院中なので、母一人にするのは、心配なのですが、逆に完全に様態が良くなっていない状態で帰ってくる父がいる時のほうが、母をおいて神戸に帰るのは怖いので、おもいきって父が退院する前に一度神戸に帰っておくことにしました。

4週間前は、掃除当番だったので、しかたなく3泊4日神戸に帰ってました。
その時は母を一人するのがすごく心配で、1日は、親戚のおじちゃんに父のお見舞いついでに一泊してもらいました。あと、実家の団地の上に住んでいる、母と同世代のおばちゃまに一日一回、母に声をかけてもらう事をお願いしました。
このおばちゃまは、頭こそしっかりしてますが、足腰は母より悪いぐらいです。
でも、父のお見舞いまでついてきてくれたらしいです。しかも2日続けて。

 

ほんまに、遠い親戚より近くの他人です。遠い親戚より近くの親切な他人がどれだけ頼りになることか。普段からのご近所づきあいは、ほんと大切です。

 

で、今回ですが、親戚におじさんや近所のおばちゃまに声をかけるのはやめました。

まず、父がまぁまぁ調子いい事。天候がよい事(これって大きい、寒い日や、暑い日って体も、気持ちも不調になりがちだから。)、それと 3週間前にガスコンロからIHクッキングヒータに変え、やっと母も操作を覚えたから。これでガスつけっぱなしの心配がなくなったのです!

 

って事で、今週末は神戸の家に戻ってあれた神戸の部屋の片づけと(旦那片づけられない人)旦那に手料理を食べさす事にしました。

 

そこで、気になるのは、母がリコード法生活を一人でできるか? です。

 

まず、薬!

f:id:penpenyama:20180420232321j:plain


母は、薬BOXに入っている薬は一人で飲めます。(たまに、抜けたり、別の日や時間帯の薬を飲んでしまう事がありまが) 母は、何年も前から内科や外科で処方された薬をのんでいます。去年の夏頃から、薬BOXを使用するようにしました。これも慣れるまでは一月ぐらいかかりました。

 

寝る前に飲む薬は、私が手渡ししてますので、今回は食後のところに入れておきました。 メラトニンだけは、寝むる前に摂取したほうがよいので、「眠る薬」と手書きで書いたラベル(ラベルって呼べるしろものじゃないですが)を貼って、薬BOXには、「コップ一杯の水と飲む」のレベルを貼って準備万端です。
あとは、電話攻撃で遠隔サポートです。

 

14時間の断食
んー とりあえず、明朝9時まで朝食食べるなの電話攻撃する予定です。

 

食事
んー もともと まだまだ リコード推奨食になっていないのでなんともいえないが、朝食は、リコードちっく料理が気に入ってりので大丈夫かなー
昼、夕はあやしいなぁ 昼は焼き飯を作ってしまいそう。

 

運動
朝の坂道散歩は、さすがに一人でさせるのは難しい。
でも、昼間 天気がよければ父のお見舞いに歩いていくだろうから
それだけも40分は歩くからOK

 

脳トレ
まだ、やっていない。

 

私のリコード法の目的は、母の認知機能の現状維持 + α です。その α ですが、私がいなくてもリコード法を実行できるだけの回復です。
最近、理解力とか言葉の選択能力とかもちょっと進行してます。
まぁ、そこらへんは多少進行していくかもしれません。(できることならゆーーくりーーー進行してもらって)でも、リコード法は私がいなくても実行できるようになってほしいいです。

お母さん がんばってやー 私のた・め・に