ApoE4キャリア アルツハイマー母の介護奮闘記+要支援父もいるよん 

アルツハイマー母と失禁父の介護に奮闘しているアラフィフ娘の日記です。ココナッツオイルやらMCTオイルやらリコード法やら取り組んでます。

【介護日記】北大阪地震 怖かったです。そして母の症状よくないなぁ

またまた、ブログがおろそかになってすいません。

リコード法に興味がある方や、それ以外での介護に関するなにか、参考になる情報をアップしたい気持ちはやまやまあれど、ちょっと時間をさけません。

 

私は、北大阪に住んでおり、今回の北大阪地震にあってしまいました。

 

っていっても 数枚、食器が棚から落ちて割れてしまったり、多少物が棚からおちてちらばったり、仏壇の上段が横にずれて壁にもたれかかっていたりしたぐらいです。

 

(仏壇ですが、2ケ月ほど前に両親の寝室から私の部屋に移動させてました。移動前は、母が仏壇の真ん前で寝ていました。 もしそのままの場所においていたら、もしかしたら今度の地震で母に倒れていたかもしれません。 ご先祖様ありがとう!! 母を守ってくれて!!)

 

で、まだ父が入院しているので、私は母の布団の横に置いている父のベットで寝ています。

 

18日の朝、母は普段、早起きなのですが、この日 調子が悪いといって2度寝していました。(これも すごくめずらしいことです。地震時、母が炊事をしていなくてよかった) で 私も2度寝してました。(なまけものです。すいません)

 

そこへ 突然の揺れ、私はとっさに母のところに行き、母の頭を自分の体で守っていました。( よかったー 私、いざとなると母の事そっちのけで、自分の事を一番に考えるとおもってました。 子供の頃、野犬がよってきた時、おもわず友達の後ろに隠れて友達をかてにしてしまうような子でしたから。。)

 

揺れはそれなりに大きかったのですが、幸い時間が短かかったようにおもいます。 東日本大震災時、私は名古屋にいたのですが、揺れはそんなに大きくなかったけど、ながーく続いたのですごく怖かったのを覚えています。

 

母は、案外冷静で そんなに変わった様子がなかったのが幸いです。(と思っていたのですが。。)

 

で、今度は父ですが、実家の近くの大きな病院で入院しています。 大きな病院なので我が家より安全だろうと 初めはあまりきにしていませんでした。 が友達がLINEで 私の父の入院している病院のライフライン遮断したってNHKのニュースでやってるー と教えてくれたのです。

 

すぐさま病院へかけつけたかったのですが、まだ地震がおきるかもしれない状態で母を一人にもできずどうしようかぐずぐずしてました。そこに上の階に住んでいるおばちゃんが母の様子を尋ねにきてくれたのです。 で私は、そのおばちゃんに私が病院に行っている間、家にきて母と一緒にいてくれないかお願いしました。 おばちゃんは快諾してくれました。 ほんとこのおばちゃんは私達をよく助けてくれるのです!! 
(ご先祖様 このおばちゃんも守ってね!!)

で、病院に行くと ヘリコプターは飛んでるし、自衛隊やら、消防車やら、報道陣やらがあつまっていました。

父は、1階の待合ロビーで座ってました。父の病棟は、9階で水浸しになったので、1階に移動させられ、新たな病室が準備できるまでまたされていたのです。

その時の父は、今一つ元気がなさそうでした。前日熱が出て、今朝には熱は下がっていたそうですが、口かずも少なく、私がコンビニで買ったパンを食べた後、のどをうならせていました。 父の担当の先生とも話しました。退院を促されましたが、父は入院継続を希望したので、入院を継続することにしました。 私は、母の事も気になるし、余震にそなえて色々買出しにもいきたので、1、2時間ほどで病院をさりました。
翌日は、母も一緒に父の見舞いに行ったのですが、父がかなり調子が悪そうで、失禁でシーツも汚していたので、看護婦さんに取り換えてもらう間、母が座るところがなくなるので 待合室で母を一人またせる事にしました。 それが悪かったのかな? 15分くらいまたせたので、母は、気になり父の病室に戻ろうとしたみたいなのですが、父の病室と反大側に行ってしまって、父の病室があるはずもなくかなり探し回ったみたいです。 で、母がナースセンターで尋ねているところを私が見つけました。 

 

この事件をこの時は、深くとらえてなかったのですが、母にはすごくストレスがかかっていたのかもしれません。

というのも、母の症状がかなり悪化してしまったのです。

 

まず、昨夜 尿失禁がありました。一週間前にも一度ありましたが。。
まったく寝てる間におしっこをしてしまっていました。

あと、ショックなことに、時計を書けないのです。 あれこれ言い訳して時計を書いてくれませんでした。 

昨夜は、寝る前に父の見舞いに行った事を話していると
「●●おばさんが 見舞いにきてた」と言い出したのです。 おばさんなんか来てないのに。。

電球の消すのに、テレビのリモコンで消そうとたり。。

そして、とうとう私の誕生日を思い出せなくなりました。 ちょっと前までは言えてたのに。。 父の誕生日は思い出せなくなってましたが。。

最近、基礎体温も下がり、息切れがするとすぐいうようになり、運動量も減っているところに、地震でのあれこれや、父の調子が悪かったり、迷い子になったりが重なってひどくなっちゃったのかな。 

とりあえず、なかなか購入していなかった ケトンと血糖値の測定器を注文しました。 食事もじゃっかん ご飯を増やしました。ケトーシスにもっていくには ご飯を増やすのは良くないが、うまくケトーシスにもっていけないのなら 良質な炭水化物は必要かとおもい。。あと、ココナッツオイルやオリーブオイル、アボガドも多めに。

 

ケトン測定器が届いてからケトン値と血糖値を測定しながら、ケトーシスにもっていくのがベストかと。。

荒い内容 ご了承ください。